太い毛と細い毛はどちらが脱毛しやすいの?

MENU

太い毛と細い毛はどちらが脱毛しやすいの?

太い毛と細い毛のどちらの方が脱毛しやすいかは、脱毛の種類にもよりますが、ムダ毛のメラニン色素の多さに比例して威力が増すレーザー方式やフラッシュ方式の場合は、太い毛の方が効果が現れやすい傾向があります。レーザー方式とフラッシュ方式は、ムダ毛の黒い色素であるメラニンに対して熱を発生させ、その熱で毛根の細胞を破壊し、脱毛効果を得るというメカニズムの方法です。

 

日本人の体毛であればどの部位の体毛にもメラニンが存在していますが、目で見てもわかるように太くしっかりとしている毛は黒々としてメラニンが多く、反対に細くうっすらとした産毛のような毛にはメラニンが少ししか存在していません。そのため脇のムダ毛やアンダーヘアなどは脱毛効果がはっきりと出やすい傾向があるのですが、顔や背中などに生えているうっすらとした産毛に対しては、効果が出にくく完全にムダ毛をなくすまでに時間がかかりやすくなっています。

 

太い毛の脱毛はレーザー方式であれば5回前後、フラッシ方式であれば10回前後でほぼ完全に生えてこない状態にできる場合が多いのですが、産毛への施術の場合はそれ以上に多く回数がかかることもあります。施術時に感じる痛みについては薄い毛の方が出にくく、施術の受けやすさという点では楽ではあるのですが、特にフラッシュ方式の場合合計で必要とな期間が2年以上という大変な長期間に渡ることがあります。そうしたことも事前に踏まえた上で施術を受けましょう。