皮膚に埋もれた毛でも脱毛できますか?

MENU

皮膚に埋もれた毛でも脱毛できますか?

埋もれ毛はワキの下やデリケートゾーンにできやすく、その多くは自己処理によって引き起こされます。ワキの下などにできやすいのには理由があり、ムダ毛が太いことや毛根から毛穴までの距離が長いことが関係しています。一度埋もれ毛ができてしまうと、無理に引き抜くことは危険です。皮膚を傷つける恐れがありますし、炎症を引き起こすこともあります。安全に取り出すには、自然に皮膚の上に顔を出すまで待つのが一番なのですが、見た目に良くないこともあり、何とかして早く取り出す方法はないかといじり過ぎてしまう人も少なくありません。

 

埋もれ毛が発生してしまった場合、実はレーザー脱毛で改善できる可能性があります。レーザー脱毛はムダ毛の黒いメラニン色素に反応する特殊な光を用いて脱毛する方法ですが、照射された光は皮膚表面に留まることなく通過してエネルギーを与えることができます。つまり、皮膚の下の埋もれ毛にも反応させることができますので、レーザーが反応すれば毛根の死滅も可能です。

 

毛根が死滅した後はムダ毛の再生はありませんが、埋もれ毛が皮膚の中に残ってしまうこともあります。いつまでも残っているとニキビを発症させたり炎症の原因になりますので、肌のターンオーバーを促してできるだけ早く排出させなければなりません。ターンオーバーの働きを高めるためには、日々の保湿ケアが重要です。たっぷりと水分を与えることで潤いが増し、肌細胞も元気になります。